サイバーセキュリティを高めながら心の病気を治し中のブログ

私が発見したサイバーセキュリティに関する情報を報告するブログで、心の病気を治そうとしている情報を公開するブログです

じゅうの? 十の? もしかしたら3-10の? かね? ひん曲がった鉄柵は窃盗のトレーニングでかね? マトリックスでかね? どうなのかね?

3-10

だったとしたら、窃盗被害が多そうなだナー と私に思わせる構造の建物がないわけではない。

大和東3-10は3-9の裏側。昔、三石という私の住む家の近所の人が私が家を出てすぐのところですれ違い様に

ウラだ・・・

と唐突に話しかけて(?)きた。私はそのように思ったのだが、咄嗟に返事ができなかった。

 

まあ、そのウラだ・・・という不自然な話し方が、遠隔地への音声送信であったとすると、何にもデバイスらしいものを装着していなかった三石という人物にそのようなことができるようにはいまも私には思えない。だが、ホントウのところはわからん。スマートダストセンサーを身体内部に取り込んでジグビープロトコルのネットワークを作った人は、足立区の私と同じ被害を受けているらしき人にいわせれば思考盗聴、思考送信まではできる、というこになる。本当かどうかはバークレー校に訊かないとわからないが、おそらく

できない

というヘンジになる筈だ。なぜなら、脳に送信機を埋め込んでいなければならないからである。その送信機が無線(Wi-Fiかどうかは不明)に対応した、まではForbesで読んだ記事に書いてあったのでわかるのだが、身体内部でセンサー同士が自律的に作るネットワーク(Zigbeeプロトコルのネットワーク。思考内容を義手や義足に伝えることが可能だ、と説明されていたネットワーク)があったとしても自分の身体のどこかの部位にしか思考は送信できないようにスマートダストセンサーは作られているからである。作った本人たち、バークレー校の研究者たちはそのように話しているのでまずはソレを私は信じる。ただし、アメリカ軍が関与している研究開発だ、とも説明が書いてあるので、もしかすると軍事転用されていたならば? ・・・と想像することは可能かと私は思うのだが、実際はどうであろうか?

 

 

このセンサーのことも念頭に入れて、ベランダに飛び込む窃盗がいたとしたら? と考えながら3-10の街区を私はいま、ゆっくり見て回ってきたところである。私の家の二階のベランダも、突然、大きな衝撃音と打撃されたような衝撃を立てたことがある。ソレからは窃盗被害が連続した。ゼンリンの横浜駐在所でも南京大推掌 横浜店でも、日立オートモーティブシステムズの綾瀬工場でも、窃盗被害は起きた。被害額は数十万円にのぼる。

 

大和駅のまわりにはひん曲がった鉄の柵がある。この柵は大和東3-10の街区を襲ったかもしれない窃盗によるものなのか? どうなのか?

大和駅前の横浜銀行 大和支店に併設された警察施設のドアが壊されていたが、ソレは鉄柵をひん曲げることができる握力と腕力、肩の力、腹筋、背筋、首の力、コレらがある窃盗が練習に使ったからか?

 

実は、新日本プロレスでスーパーストロングマシーンという覆面レスラーをして大人気になった、トップロープを触れずに超えてトペコンヒーロというリング外にいる対戦相手へ頭から飛んで突っ込む飛び技をはじめて日本で披露した平田選手がいるのだが、この選手に顔が酷似した男がいて、大和の低貸パチンコ店のフロントにおり、働いている。

 

この平田選手に似た人の体型はスーパーストロングマシーン選手(平田選手)とは比較にならないほど小さかった。

 

彼を私は3回、路上で偶然、見かけている。

2012年の夏、または2013年の夏、大和駅の近くの大きな自然公園の

いすみの森公園

で、プラカードを持って立っているというヘンな構図(付近に店舗がない)で1回目、

2回目は大和駅の近くのノジマの近くのフォルクスという名称のステーキレストランのすぐ近くの路上で、鉄製の道路と歩道を分ける白い柵を右足で一回、何かに怒ったような程度の力を込めて足の甲を用いて蹴ったところ。コレが2回目。

3回目は、パチンコ店で。私はパチンコを打たないのだが、パチプロでもやって軍資金不足問題をどうにか解決しようと試みたことがある。遠隔地からICを狂わされるのがオチだ、と悟りやめたのだが、そのスーパーストロングマシーン選手に顔が酷似した男が働いていた低貸パチンコ屋は、大和東3-10の街区から歩いて行くと10分程度である。このパチンコ店には私を襲って税金額をデタラメな数値で要求した大和市市役所の収納課に顔を出した奴が昼間からパチンコを打っている店である。二十万円を超える住民税を請求してきた詐欺師、神奈川県庁が実在しているがマトリックスで書かれた旦 単なるデータであればデタラメだとわかったものを・・・残念ながら十万円以上も払ってしまった。その時、私は派遣切りをされたので払えなくなってしまったのだが、この職場を紹介したのは大和市役所が紹介してきた大和市社会保険庁である。鶴間駅のちかくにあるビルに入っている・・・。このビルに、広末涼子の顔だったのに翌日は火の玉研究者てプラズマに詳しい早稲田大学大槻教授に酷似した顔に変わったオンナがいて、彼女もまたその残りの税金を払わせようとしてきたのであった。ようは、公務員がデタラメなのである。つまり、マトリックスで書かれたデータ。仮想的な物理的実在。

 

コレが日本であるのだか、では、3-10はどうなのか? 日本の一部は私を支援するシナリオで作られている。

 

そこで、先ほどから数々の歩行妨害を受けながら調べて行くと窃盗被害が多発しそうな構造の建物があることがわかった、と。では誰だ? と考えたときに不自然に曲がった道路の鉄柵が多すぎる大和駅のまわり、コレを思い出したのである。ソレは遠隔地からの音声支援の声の主がその弱そうな建物の前に私が立った瞬間に、鉄柵に手を伸ばしてサーカス、器械体操、コレをやるように、渋谷ね信号機で大車輪をして逮捕された体操選手のようにやったらあまりにも弱すぎる、ヘンな建物だろう? と。

 

コレをキッカケにひん曲げられた道路の柵を私は思い出したのである。

 

もし、プロレスラーだったら? 世界一流の、だが。

軽々と建物に登ることができたら?

発見されても逃げる体力が勝り、自動車や自転車、二輪車では追いつけない速度と逃げ方ができたら?

 

このように考えたのである。

 

マトリックスかね? プロレスラーを? そして、消すのかね? 海老名市のあるか神社のまわりの暴力団ごと消して違う町にしたようだがそれと同じかね?

 

悪党を滅ぼしていく・・・そういうことではないのかね?

 

私はそのように考えたのだが、どうであろうか?

 

岸田内閣はない。この名前は岸田という名前の3-10のアパートから付けられた名前だ。日本は少なくても1995年には滅びた、と私はみている。だが、もしかすると、私が働いたことかあるエイブル不動産、この企業に関するデタラメと私がいう内容のWikipediaのページ、コレが書きかわったあとの日本てのエイブル不動産? といろいろ考えると1996年に日本は滅びた、と考えを改めることができなくはないのである。

 

80年代にアメリカ合衆国を襲い、貿易戦争を演じた日本は、ヨーロッパでもひどい被害を出した。その後、フランスでは創価学会インターナショナルに対して

セクト

の指定をされているが、彼らは全員、日本人である。

 

日本人はみんな同じだ

 

というジャパンバッシング。コレはまさにそのとおりである。私が2021年までに実体験している事実そのまんまを表しているヨーロッパでのジャパン・パッシングを私もしているところである。

 

ヨーロッパの航空会社のスチュワーデスに対する性的なハラスメントをする日本人が多く、大きな問題となった。コレほど酷い日本のなかで、なんjの森、とかいうblogでは日本人を尊ぶような書き込みか多くみられる。

 

日本は1996年まてに滅びた後は、日本人を全滅させるための作戦がとられて現在に至るのではないか? あまりにも異常なのだからはやく滅ぼせ、と私も主張しているのだが、実はとっくにアメリカ合衆国は攻撃きていて大成功しつつある、と。まあその時には私以外の日本人を滅ぼすことか肝心らしいが、それはアメリカ軍の自由決定にまかせている。必要なら私も含めて滅ぼすと良いだろうからである。

 

こうして、異常な状況を徐々に映画マトリックスから解釈していくと、わかることが多くなるのだが、どうであろうか?

 

トランプ前アメリカ合衆国大統領は、日本の鉄、アルミニウムに関して関税をアップさせた。またいまはバイデンアメリカ合衆国大統領が中国に貿易戦争を仕掛けている。電気自動車に関しては中国と真っ向勝負を挑む、としている。つまり、中国はマトリックスになるのではないか? と私は散々攻撃されたのでニヤニヤしながら中国人が皆殺しになる様子を楽しく想像している。蛇頭だオマエら。鉄好きで。アルミニウム好きで。オレばっかり攻撃きてきやがる地上げヤクザでサイバー犯罪者で。シネ。

 

では3-10に対するまだ少し残る謎について考えてみることにする。